貯金貯蓄2000万円の独身30代のブログ

30代貯蓄2000万の男がお金や節約、株主優待の話をしてます(音声配信サイト:stand.fm)

ブラック会社のせいで自尊心が低い。低いなりのメリットもあったがデメリットもあった。

ブラック会社のせいで自尊心がゼロに

ナルシストだったわけではないのですが、社会に出る前は人並み程度の自尊心はあったつもりでした。

しかし、ブラック会社のせいで成功しても失敗しても挨拶しても「死ね」と言われているため、自分の成果に何も期待しないのがデフォになっていきました。

何も悪くないのに謝ることを強要されることも多かったため、心を無にして「モウシワケゴザイマセンデシタ」と慣習的に話すことも多々ありました。

転職時は概ねメリットとして働いていた

番役に立っていることは年下の先輩に敬語を話すことに何も抵抗がないことです。

当たり前のことではあるんですが、 意外とできない方も多いとか多くないとか。

敬語を使うってことは責任が高い人への礼儀です。つまり、なんかあったら助けてくれますよね?っていう裏返しでもあるんです。

タメ口聞いているやつが「おい、助けろ」なんて言って助けたいと思いますか?自分だったら助けたくありません。なので、自然とそういう態度には抵抗はありません。

面接でもそういう一面は何も話していないのですが、なんとなくそういった一面を感じ取ってくれているらしく、職場で威張り散らしてトラブルになる可能性は低く見られているようでした。

そもそも反論をするという思考が抜け落ちている

しかし、職場に入ってからいいことばかりではありませんでした

ブラック企業のとき、何を言っても全てを批判されるため、「何もしない」ことが最も期待値の高い行為であり、己の精神を傷つけないための防衛策でもありました。

そういったプライドが低すぎる習慣に慣れすぎたせいか、咄嗟に相手の意見に反論するという発想がありません。発言をしようとしても「どうせ通らないに決まっている」という謎のブレーキがかかり咄嗟に言葉が出ないんですね。

もうここはブラックではないのに。慣れって恐ろしいですね。

報連相の頻度も適切ではなく、多すぎたり少なすぎたりします。これもいただけません。

当然、高圧的な言葉遣いをする人間ではないので、そこらへんの話しやすさはあると思うんですが、必要以上にへりくだりすぎると逆に嫌味になるので、そこらへんも気をつけなければいけません。

謝りすぎてしまうのが最大のデメリット

何かあるとブラック会社のクセですぐに謝ってしまいます

険悪な空気になるよりかは当然いいんですが、会話が一旦そこで終了してしまうんですよね。改善の話し合いをしようとしてるときにそんなことされると足枷になってしまうことが多いように感じました。

「お前を咎めようとしているんじゃない。改善するにはどうするかそういう話をしたいんだ」…とよくそう言われます。頭でわかっちゃいるんですが体がつい反射しちゃうんですよね。

社畜精神が染みついているので思うよりも先に咄嗟に謝罪が出ちゃうんですよねぇ…。

本には「プライドを捨てろ」とよく書かれているが…

よくあるハウツー本には「プライドを捨てなさい」とか「嫌われる勇気」だとかそんな言葉をよく見ますが、低ければ低いほど良いわけではありません

やはり限度があります。高すぎても低すぎてもダメです。人間関係とかもありますけど。

結局は、ニュートラル。普通が一番なんです。厳密にいうと対峙している人に対応した度合いを臨機応変に選べるのがベストなんですども、自分はどうしても必要以上に下から行きがちです。

ラノベだとそういう普通なキャラはモブキャラになっちゃいそうですけど、そういうのでいいんですよ。一刻も早くホワイト環境に慣れなければ。

follow us in feedly