貯金貯蓄2000万円の独身30代のブログ

30代貯蓄2000万の男がお金や節約、株主優待の話をしてます(音声配信サイト:stand.fm)

マルチ商法の断り方【後輩や友達からの勧誘手口の際:実践編】

 

 

 

 

 

博士時代、後輩からマルチ商法を勧められてビビりまくった話

自分は大学学部生のとき、修士の人と研究室以外では絡むことなんてありませんでした。偉そうにふんぞり返っている修士とたまたま当たりすげぇうっとおしい思いをしたからです。

事実、私が修士になってからも研究室の外でのコミュニケーションは皆無でした。別に仲が悪かったわけじゃないし、質問とかあったら答えてたけどね。研究室外の接触や飲み会とかそういうのが一切なかっただけ。でも迷惑じゃない?下の立場だったら。絶対、変に気をつかうし。何もない方がいいでしょ。

 

時は流れ、ブラック会社に2年ほど勤めたのですが、体を壊してブラック会社から逃げるために博士課程に進学しました。 

私が博士課程になったとき、学部生や修士から研究室以外で絡むことなんてないと思っていました。

だって、向こうは22歳、こっちは当時27歳のオッサンですぞ?例えば新卒が入社5年目の30手前のヤツを食事に誘いたいか?誘いたくないだろ?

 

でも、案外、私がプライドとかが低くて話しやすかったらしく、結構良い人が多かったです。そこから他学部の人の知り合い等を知らせてもらったり後輩から色々なことを教えてもらったり飲み会や食事に誘ったりもらったりしてました。

ぼっちになることが普通だと思っていたのでありがたいことです。バイトも紹介して貰えて結構生活も助かってました。

株取引も当時の後輩から教わって株取引デビューした経緯もあります

 

どうやら博士課程の人はギルティギアのコンボとかを後輩から教わらないらしい。そりゃ、研究に使う公式とかは時間をかけて勉強すれば誰でも分かるけど、低空ダッシュのやり方とか教えてもらわんと分からないじゃないですか。教えてもらって何が悪い。

そんなこんなで思っていた以上に人付き合いも良くコミュ障の割りには、博士課程生活は案外ぼっちではありませんでした。

ただ、知り合いの広さは広ければいいというものではなく、時にはメンドクサイ話を呼んでしまうことだってあります。

そう…知り合いの一人はマルチ商法を勧めてきたのです。おお、こわいこわい。

立場上こっちが上なんだろうけど、腕っぷしとかアンガールズの山根ですからね。ケンカになったらソッコーでやられてしまいます。やめてください死んでしまいます。

とある日、後輩は急に怪しいプランを勧めだしてきた

その後輩君とも仲が悪かったわけではない。むしろ仲が良かったくらいだ。 

 

ある日、後輩が私にこう言った。

「先輩って株やってるんですよね?」

『おぉん?当たり前だよなぁ?』(ビックカメラしか持ってないけど)

「じゃあ、金融商品に詳しいんですよね?僕の進める金融商品の話を聞いてくれますか?」

『はい?ちょっと落ち着いてもらってよい?…金融商品って何よ?株?債権?先物?』

金融商品金融商品なんです!」 

なんか急なテンションで上がり具合で話しかけてくる後輩。 

 

なんか嫌な予感がしたので、とりあえず後日、冷静な状況で話だけ聞いてみることに

「えっと、今回勧めたい金融商品プロジェクトゼウスと言いまして

え?何、そのヴァルキリープロファイルみたいな名前の変なプロジェクト

xn--jpn-jj4bpcyg.com

余りにも怪しすぎるから途中から全然聞いてなかったけど、

オンラインカジノ事業だけどサーバーが日本じゃないから違法じゃない 

入会金5万出資すれば特定の期日後に5万確実に返ってくる。入会金実質無料だね!やったね!たえちゃん!

・しかも、複数人に勧めれば追加報奨金があるので、どんどん勧めよう!

 みたいな内容でした。…うん。どう考えてもマルチです。ありがとうございました。

マルチ信者の目を覚ませるのは諦めて自分の身の保全だけ考えましょう

「お前、アホちゃう?そんなん詐欺やで?」

…なんて言葉は言えない。逆上したらボコられるのはこっちだ。

普段はそんな子じゃないけど、完全に入信しきっちゃってるので、普段の態度から想像できない行動をするかもしれない。先輩の権力で抑えるのは出来なくないかもしれないが、抑えられなかったときに完全に詰む。

向こうはお金を出した後だ。真実を伝えたとしても信じてはくれない可能性が高い。

冷たいようだが、自分だけ逃げることだけ考えるしかない。適当に話だけ合わせて逃げる算段だけ注念することにした。

でも「分からない」で煙に巻くことはできない

『い、いやぁ…僕にはちょっと難しくて分からないなぁ…勉強不足の状況じゃ投資はできないから、いったん帰ってよく考えてからにするよ』

と言ってみた。とりあえず今後1対1の状況だけ避ければなんとかなるだろう。ひとまず逃げねば…。

そうですか!分からないですか!どこが分からないですか!

 

…アカン。逆効果だったか。

向こうは我を失っている。分からないと言って煙に巻こうとしても、そうは問屋が卸してくれない。

相手をディスらずに、はっきりと断るしかない

しょうがないので、逆上させないように、はっきり断るしかないと思いました。なので…

・そちらのプロジェクトは定期的に総会に出席しなければならない状況かもしれない
・博士論文の執筆が今、山なのでネット上で完結させられるものしか着手したくない
・論文の合間程度にしか勉強してないけど今は日本株のことだけを集中して勉強したい
・手間の都合上、1つの証券口座のみで投資を一元管理したい
・だからそのプロジェクトは参加できない

ともっとも風な難癖をつけて断りました。

「それはできない」とはっきりと言ったうえで断る理由はこちらにしかよく分からないような感じで断りました。

 

幸い極悪人ではなかったので、後輩は引いてくれましたが、ホントにひどい人だと断っても帰してくれないとかそういうのもあるかもしれないですよね…。

 

こっちが先輩だから、さっくり目に終わりましたけど、上の人間が下の人間にマルチ勧めてたら地獄絵図になりますよね。コレ。 

すまん…後輩よ。当時「僕は金より研究なんだ!」みたいな断り方をしたけど、研究より金なんだ。

就職決まった時点で研究辞めたし。 まぁ、薄々感づいてはいるかもしれんが。

その後、後輩君とは仲良くやってます

5chのスレやYoutube動画とかだと、周りの人間にマルチ商品勧めまくって、学校内の内輪から完全に淘汰されてしまう。…みたいな感じのことが良く書かれていましたが、後輩君はそんな感じはありませんでした。

元ネタが投資関係のネタだったので、学生相手には門前払いだったのかもしれません。

怖いので聞けませんが、後輩君がいくら取られたか分かりませんが、おそらく5万だけ取られただけだったんでしょう。

その後何事もなく食事とかにも普通に誘ってくれるようになりました。(初回はすげぇ怖かったですけど)

複数回そんな勧誘を繰り返して来たら縁を切るつもりでしたが、そんなことはなく、修士までいて修了して卒業していきました。

 

その子が社会人になって2年目ごろに連絡があったから久しぶり会ってみたら、今度はせどりを勧められましたけど。

『車ないから辞めとくわ』とは言いましたけど、『せどりは環境が整っていないからやってないだけ』と言い、色々と聞いて勉強はさせてもらいましたけどね。モノレートの調べ方とか初めて知りましたわ。

まぁ、あれやね。君も僕も働きたくないんだね。よく分かるわその気持ち。

似た者同士、何か感性が似ていたから君は僕にマルチを勧めてきたのかもしれない。

スタンド使いスタンド使いにひかれ合う…ということか。

その他のお金にまつわるコラムなどはこちら

お金にまつわる小汚いコラムはコチラになります。

 

niga.hatenablog.jp

 

ロボアドバイザーで資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

follow us in feedly